Lab-Cafe Story 001- DEAN & DELUCA – 2/2

ちなみに、ちゃんとNYの本店の聖地巡礼もして来ました。行って驚いたのは、なんとカフェじゃなくて完全に食料品店なんですよ。で、振り返ってなんで日本はDEAN & DELUCAはカフェなんだろうかと調べてみました。すると、まだ直接的な資料はないのですが、伊藤忠がライセンスとってきて展開していると。よく考えると、米国など海外のブランドの版権を買ってきて、日本で全く別のイメージで展開している例って結構ありますよね。DEAN & DELUCAの社長さんは、横川さんという方ですが、彼はファミレスのすかいらーくの創業ファミリーの関係の方のようです。ファミレスの歴史はとても面白くて、杉本の知っている限りでは、ロイヤルホストの江頭さんも、マクドナルドの藤田さんも皆米国のライフスタイルを目の当たりにして、日本に持ち込む、それもローカライゼーションをうまくやって。

ちょっと話題がそれますが、ロイヤルホストに関しては、梅谷さんというロイヤルホスト1号店の店長をなさって、その後役員や、すかいらーくの会長まで担った方にいろいろお話を伺ったことがあります。週末の家族団らんの時間をちょっとリッチな料理で、それを最高のホスピタリティーでするのだと。詳しくは下記の書籍にありますので、ライフスタイルの形成史としても大変興味深く参考になります。是非読んでみてください!

http://www.amazon.co.jp/%E6%B1%9F%E9%A0%AD%E5%8C%A1%E4%B8%80%E3%81%AB%E5%8F%B1%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6-%E6%A2%85%E8%B0%B7-%E7%BE%8A%E6%AC%A1/dp/4785504277

さて、ファミレスもファーストフードもほんとに今の日本人のライフスタイルを形成してますよね。最近の事例で言えば、まさに日本マクドナルドの藤田さんに薫陶を受けたソフトバンクの孫さんも一緒です。彼が、藤田さんのところに行って、「次は何をビジネスにすればよいか?」と聞くと、「コンピューター関連をやるべし」というアドバイスをうけ、本当にそれをやってしまった。日本での高速インターネット通信が身近な価格で実現できたのは、なんだかんだいって孫さんのおかげだと思うわけです。いまもスマホブームも、これiphone出た直後はボタンがないなんて使いにくい、ガラケー最強ってみんな思ってたわけです。でも、今はスマホしかない。完全にライフスタイル変わっちゃいましたよね。ライフスタイルとは習慣だと思うんですが、習慣は積み重なると文化になっていくと思うんです。

遣唐使をやっていたことを思い出せば、日本は大昔から、様々な文化・技術を海外から取り入れ、自分のものにして世界に輸出していくというのが得意なんじゃないかなと思います。なので、良いと思ったものや体験は、どんどん吸収していいんだと思うんです。

で、Lab-Cafeでやりたいことは、その文化を作ること。まずは3つのコンセプトを作ってスタートしたのです。

・夜ゆっくりできる居心地が良い場所

・肩書きに関係のない仲間を見つけられる場所

・仲間とともに何かに挑戦できる場所

これらは、杉本の海外での体験をフックに、いろいろなことに気づいたことによって、固められて行きました。その時のことを順次ご紹介していこうと思います。